FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅型染教室

先日、紅型作家・紅若菜さんの紅型教室へお邪魔しました。

 
紅型染は皆様ご存知、沖縄を代表する伝統工芸。
↓くわしい制作工程は 紅若菜さん のブログでご確認下さい。
http://beniwakana.blog.shinobi.jp/Entry/114/
 
紅型染には   色の使い方 組み合わせ方  に決まりがある事
染料ではなく顔料を使う事
 
今回はじめて知りました。 
のり防染を使った型染めは全国多々あるのに
紅型染がここまで独特な風合いを持ってるのはここでしたか!
 
 
教室では、すでに「のり置」まで加工されていて
顔料で染めるところからスタート。
 
使う道具  染刷毛は私が毎日使っている道具とほぼ一緒。
しかし、染料と顔料では、ロウ防染とのり防染では
 
 
色付け方がまるで違うΣ(・□・;)
 
 
私が制作するロウケツ染は染料を使うため
ひとたび刷毛が生地に触れるとブワッと色が広がります。
ボカす時は、小鳥を撫でるようにふわふわと
 
でも顔料はけっこう力入れてぐりぐりぐりと回して色付けていきます
 
  他にもいろんな違いがありました。
 
いつもならタブーな染め方
同じ道具だけに 違和感が おもしろい
 
異なった染色技法に触れた 新鮮で貴重な1日でした。

そして若菜先生はとっても褒め上手。
いろいろ褒めてくださった上
「さすが、ち江すさん。ヤンバルクイナ を黄色にするなんて斬新です!」
モチーフのヤンバルクイナの色を知らない無知さ まで 褒めてくださいました。σ(^_^;)(ホントは褐色&白黒模様)
先生。ち江すは 褒めて伸びるタイプです。
 
どんどん褒めて下さい !
 
 
最後にのりを落として完成です。

↑パツ金にされちゃったヤンキークイナのトートバッグ
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。